家庭用・業務用ウォーターサーバーの比較内容

家庭用と業務用、ウォーターサーバーでもどう違う?比較対象は?

家庭用と業務用、ウォーターサーバーでもどう違う?比較対象は? ウォーターサーバーは元々会社やオフィスで来客用として使われたり、福利厚生を目的として使われてきました。最近では業務用ウォーターサーバーの選択肢も増え、家庭用ウォーターサーバーも普及してきており、家庭用ウォーターサーバーにも様々な選択肢が増えました。多くの人がウォーターサーバーを利用している理由には、使う水が安心して飲め、来客が突然来たとしてもすぐにお湯が沸かせて、すぐにコーヒーやお茶が淹れられるという点が便利であるということがあります。ウォーターサーバーは様々な状況で使えますので、その点に関する評価も高いと言われています。

ところで、家庭用ウォーターサーバーと業務用ウォーターサーバーでは何が違うのでしょうか。これら2つのタイプのウォーターサーバーを比較してみましょう。業務用ウォーターサーバーと家庭用ウォーターサーバーを比較した際に大きな違いとなるのは、使う人数の違いによる使用頻度の違いであると言えます。会社やオフィスでは福利厚生の一環として設置するところが多くなっており、休み時間にジュースや缶コーヒーなどが設置されていない会社では、ウォーターサーバーの水を飲用することで、コーヒーやお茶を飲む人がたくさんいます。

会社やオフィスに自動販売機が設置されていない企業では、ペットボトルや空き缶のゴミ減量化にも役立ち、健康にも優しいということで、ウォーターサーバーの利用には様々なメリットがあると考えられています。また、会社やオフィスで大人数使用するのにウォーターサーバーはとても便利です。さらに、来客時にもすぐにお茶などを用意できるので、この点も便利であるというメリットがあります。

設置スペースの大小も業務用ウォーターサーバーと家庭用ウォーターサーバーを比較した際には大きな違いがある点として考えられます。家庭用ウォーターサーバーでよりコンパクトで、業務用ウォーターサーバーは、ある程度の高さがあります。これらの点は大きな相違点ですが、比較した時の共通点もあります。

業務用ウォーターサーバーも家庭用ウォーターサーバーも冷水と温水が出て、どのような場所でもコンセントさえあれば使用することができます。また、災害時の備蓄水として備えられるという点も共通しています。

しかし、業務用ウォーターサーバーを導入しているところでは、比較的水の定額購入ができるところが多く、家庭用ウォーターサーバーを導入している家庭ではあまり定期購入をするところがないという点が若干異なります。

お知らせ

  • [2017年02月02日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月02日]
    運営者情報を追加しました。